ムダ毛処理の仕方 カミソリ

正しいカミソリの使い方の仕方

日常生活であたりまえのように使うカミソリ。
普段なかなかカミソリの使い方を考えることはありませんね。
カミソリを使うにあたって注意するポイントや仕方。
どんな仕方をすべきかは、下記にまとめました。

1.脇も顔と同じように扱う
2.夜に剃る処理
3.作業中の肌の潤いを保つ
4.シャワーなら出る直前のタイミング
6.方向がまちまちならブロック分けして剃る
7.カミソリは常に新鮮なものを使う

なかなか意識していないと、わからない仕方や項目も多いです。
確かに、潤いを保つ・シャワーを出たタイミング、新鮮なもの。
こんなのは指摘しないと、カミソリの仕方がわかりません。


切れ味の良いカミソリを使う仕方

力を入れなくても剃れるもの、新しく清潔なカミソリを選ぶ。
切れ味の悪いカミソリは、肌トラブルを引き起こします。
何度もカミソリの刃を肌に当てるので、それだけ肌に負担がかかる。
カミソリの刃が錆びてるかどうか?も確認です。
切れ味が悪くなってないか?をマメにチェックしましょう。


1.剃る箇所を温めて皮膚を柔らかくしておく
2.蒸しタオルを使う
3.お風呂上がりでもOK
4.必ずシェービングクリームを塗ってから剃る



カミソリ負け・炎症を防ぐ仕方

お風呂場で剃る仕方の場合、ここでもカミソリの使い方の注意!
石鹸やボディソープをシェービングクリーム代わりにするのは避ける。
石けんは、お肌の油分をムダに落とす力が強い。
長時間お肌につけておくと皮膚に必要な油分まで奪われる。
これでは、肌の乾燥・肌荒れの原因になってしまいますね。


1.流れに沿って優しく剃る
2.逆剃り(流れに逆らって剃る)は傷つきやすいので控える
3.何度も同じ箇所を剃らない


肌の痛み、色素沈着、黒ずみを防ぐ仕方

1.カミソリによる剃り残しは、次回にするか?抜く
2.アフターケアをする
3.ボディローションで保湿
4.美白成分や美容成分入りの化粧水を選ぶ



カミソリ負けや肌トラブルを防ぐ仕方

もともとカミソリは、皮膚にダメージを与えやすい行為です。
間違った自己手入れの仕方を続けるのはダメです。
カミソリ負けだけでなく、肌トラブルがおきます。
埋没、色素沈着、毛穴の開き・黒ずみ、痒みがおきます。
間違った仕方では、肌はどんどん傷んでいくことになります。
とにかく、肌に負担をかけない仕方で行なうことがポイント。
オススメの仕方は、剃ると併用してジェルを使うことです。

ジェルは、塗って直ぐ産毛が無くなるものではありません。
効果を感じられるまで、多少時間や処理が掛かります。
生えるのが遅くなっていくので、手入れの回数がだんだん減ります。
結果として肌への負担も少なくなっていきます。
除毛しても濃くならないように、ローションを塗りましょう。
たっぷりとローションを塗り、肌荒れにならないようにします。
美白成分の他に美容成分が含まれているので安心ですね。
除毛のダメージや乾燥から肌を保護する効果もあります。



カミソリ負けしない仕方

カミソリで剃ったあと、赤くなる、痒み、チクチクなんて嫌なこと。
ムダに肌トラブルに悩まされる人は少なくないです。
カミソリで剃るという仕方に限ったことではありません。
刃を肌にあてるのは、肌ダメージを与えやすい行為です。
正しい仕方をしないと、カミソリで肌が傷むことになります。
切れ味の良い清潔なカミソリを使う、同じところを何度も剃らない。
肌に負担をかけないような、カミソリの仕方がポイントです。

保湿ケアにおすすめの商品にローションがあります。
アフターケアの仕方として、ローションを利用しましょう。
肌への負担の大きいので、毛穴や肌荒れをケアすることができます。
ローションの効果により、スベスベ肌に近づきます。
使い続けていくうちに、産毛の成長が抑制されます。

生えてくる量、太さが細くなり薄くなっていく。
悩みの根本的な対策や仕方にもつながります。

スポンサードリンク

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。