子供のムダ毛処理

子供のムダ毛処理の悩みを知らない親たち

子供が成長してくると、口元やワキが気になってきます。
とくに女の子の場合、男の子よりも神経質になってしまいますね。
思春期と重なってくると、悩みが深くなるかもしれません。
ムダに成長も早いので、男の子よりも神経質になります。
濃くなって目立つようになる前に処理をしたいですね。

子供の体毛の手入れをするときの注意点!
子供の体毛が濃いと、親として悩みが深いですね。
どうやって手入れをすればいいか?
思い悩む日々を送ることになるかもしれません。
お友達からからかわれるかも、いじめにあうんじゃないか?
本人が神経質になり気にして、不登校にならないか?

親として、子供の体毛をどうすればよいのか?
まだまだ小さい子供なら神経質になる必要はありませんが!
年頃のなのを抱えている親も迷ってしまいますよね。
子供の肌はデリケートな問題です。
ここで気をつけるべき点があります。

子供の肌にカミソリをあてるのは、危険な行為です。
カミソリは大人には、一番手軽な方法ですが!
大人でもカミソリ負けで、肌荒れを起こしてしまいがち。
成長過程ですから、デリケートな問題です。

肌の炎症を起こして、色素沈着になってしまっては危険ですね。
間違っても、子供が自分でカミソリで剃らせる事は危険な行為。
肌を傷つけて出血してしまがあう可能性も高くなります。
絶対に子供に自分でやらせないようにしましょう。


抜くのも肌へのダメージが大きい。
抜くには、テープ、ワックス、電気脱毛器がありますね。
これらは、とても肌へのダメージあが大きいものです。
毛穴が炎症しやすく、雑菌が入る恐れがあります。
毛嚢炎などの病気になるかもしれません。
子供は、外で遊び肌がさらされる機会が多いです。
さすがに、広範囲の脱毛はリスクが高まります。

クリームによる処分も、子供の肌に刺激になります
最近では、だいぶ肌に刺激の少ないクリームも増えてきました。
ただし、クリームで一時的に処分しても、すぐに生えてくる。
こうなると、頻繁に行わなければいけません。
薬剤で溶かして処分するわけですから、肌に負担になるのです。





子供の悩みをを知ること

これから子供が成長するにしたがって、出てくる問題があります。
子供が経験する、悩みや苦労がでてきます。
それにかかるエネルギーを思えば、子供にサロンを通わせるのもいいですね。
でも、サロンやクリニックでも、子供のレーザーは断られる場合がほとんど。
最低でも高校生、できれば大学生以上じゃないとあまりオススメできない。
理由として、これらがあげられます。
・ムダ毛は老廃物の分泌の役割もある
・無理に処理すると、結果的にホルモンバランスを崩す可能性がある
・成長期なので、すぐ生える
・日焼けしてると猛烈に痛い

体毛の濃さは、ホルモンが影響している。
ホルモンバランスの安定しない子供には、やはりおススメできない。
子供の脱毛は、生理が始まって安定してからがいいといわれます。
初潮から3年位経つと、ホルモンバランスが整い、生理も安定します。
ただ、個人差はあるので注意しましょう。

子供の体毛を薄くするのに適した方法は?
子供の肌の敏感さを考慮すると、電気シェーバーが一番いいかも。
できるだけ自然に薄く、細くするのも肌に負担がかかりません。
肌のトラブルを防ぐには、アフターケアが重要です。

お母さんが子供の脱毛をして、保湿剤を塗ってあげる。
保湿の役割も担うので、肌の保護と負担の軽減にもなります。

スポンサードリンク
|

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

|