ムダ毛処理 カミソリがダメな理由

カミソリの手入れダメな理由とは!?

カミソリは、自宅で誰でも手軽に使用できます。
購入する場所もコンビニや薬局、どこにでも売っている。
あまりに手軽に使えるため、カミソリを雑に扱う人もいます。
こんなことでは、肌が荒れてダメな理由になってしまいますね。
ただ、簡単にキレイに手入れができるのも特徴。
ダメな理由があっても、使っている人も多いですね。

カミソリを使うとき、ダメな理由を避けるポイント!
使うときは、お風呂でカミソリを使いがちですね。
ここでカミソリ用のジェルを使って手入れをするのがいいんですね。
お肌への負担も軽減するし、キレイに剃れておすすめです。

剃り味を確保するために、カミソリの刃は定期的に交換しましょう。
切れ味のよいカミソリで手入れするのもポイントですね。

《メリット(ここがいい理由)》
・購入する理由として、お金がかからない
・手に入れる理由として、どこでも簡単にカミソリが手に入る
・手入れの理由として、手間もかからず手入れができる
・急いでいる人の理由として、一気に広い範囲の(腕、足)を手入れ
《デメリット(ダメな理由)》
・ダメな理由として、埋もれの原因になってしまう
・ダメな理由として、お肌が荒れる原因になる
・ダメな理由として、お肌が痛む
・見た目にもダメ、濃くなったようにみえる




カミソリで手入れをする際の注意点(ダメな理由)

1.ダメな理由を避けるため、切れ味の良いカミソリを使う
切れ味の悪いカミソリを使うのは、絶対にダメです。
何度もカミソリ刃を肌に当てることになってしまいます。
それだけで、お肌に負担がかかるということ。

2.ダメな理由を避けるため、逆剃りしない
逆剃りのダメな特徴として、深く剃れますが!
それだけお肌を傷つけやすくなるということ。
こうなると、毛穴に細菌が侵入する恐れがあります。
膿炎・包炎を引き起こす可能性があるんですね。

3.ダメな理由を避けるため、何度も同じ箇所を剃らない
何度も同じ箇所を剃るとダメ、お肌が痛んでしまいます。
こんなことをすると、色素沈着、黒ずみの原因になります。
剃り残しは、無理をせず次回に回すか!
抜いて手入れをしましょう。

4.ダメな理由を避けるため、新しい物を使って清潔に保つ
カミソリは、保管場所が大切です。
お風呂場などの湿気が多い場所に保管はダメです。
水けは、カミソリ刃を傷める原因になってしまいます。
できるだけ通気性の良い場所に保管しましょう。

5.ダメな理由を避けるため、アフターケアをしっかり行う
カミソリを使ったあとのアフターケアが大切!
顔には、美容液や化粧水を使いましょう。
身体には、ボディローションで保湿をしっかり。
美白成分や美容成分入りの化粧水を選ぶと良いでしょう。

スポンサードリンク
|

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

|