ムダ毛処理 道具

ムダけ処理 道具に関する豆知識を集めてみた

女性用の道具は、脱毛器やカミソリと同じように脱毛するために使うもの。
最近では、家庭で簡単に脱毛できる道具が家電量販店で販売されています。
電気シェーバーや家庭用で使える道具の機器が販売されています。
女性用の道具も実にたくさんの種類があります。

家電量販店へ行くと、男性用シェーバーと同じように多く陳列されている。
脱毛方法の違いによって、道具の価格帯も幅広くなっています。
道具の使い方は簡単ですが!
間違った使い方をすると、肌が炎症を起こすこともあるため注意です。

道具には、主に4つのタイプがあります。
肌表面をカットする「剃るタイプ」
つかんで抜く、「抜くタイプ」
熱で焼き切る「熱で焼くタイプ」
レーザーを照射してダメージを与える「レーザータイプ」


女性用の道具で多いタイプは、剃るタイプです。
男性用の道具も同じような傾向です。
価格も安めでいつでも思いついたときにお手入れできる。
ただ、すぐに次が生えてくるので手入れを頻繁に行います。
1週間に2回か3回しなければいけないデメリットがあります。
剃るタイプのおすすめできる道具は、パナソニック「サラシェ」

抜くタイプなら、次に生えるまで時間がかかる。
何回も手入れをする必要がありません。
ただし、引っ張って抜くため多少痛みがあります。
抜くタイプのおすすめの道具は、パナソニック「ソイエ」

熱で焼いたりレーザーをあてたりするタイプ。
毛根に働きかけるため、高い効果が期待できます。
さらに、次に生えるまで時間がかなりあります。
手入れの回数は少ないですが、価格が高いですね。





絶対失敗しないムダけ処理 道具選びのコツ

女性向けシェーバーが使われるようになったのは、ここ数年のこと。
実際には、多くの女性がT字カミソリを使っていたそうです。
女性用のシェーバーに求められていたものは、男とは違い。
「かわいい」「女の子らしい」「簡単に手入れできる」「お手頃な価格」
道具の機能性よりも、見た目が重視されていたということです。
こういったことから、女性もののコーナーは可愛らしいのが多いですね。

シェーバーを買っても、肌荒れしたり埋没毛になったり。
女性にしてみれば、お肌を傷つける行為にもなりますね。
こんな肌トラブルになり、あまり使われなかったようです。
最近では、女性用の道具も機能性を重視するようになってきました。
研究開発が行われて、おすすめ機能が付加された道具が登場。
埋没毛を防ぐことのできる機能。
泡でシェービングできる機能。
角質ケアができる機能、多くのおすすめ機能があります。


自分で道具を買うときに、チェックしておきたいポイント。
1.電源について
電源が充電式のタイプなのか?乾電池式タイプなのか?
充電式の方が経済的な気がしますが!
こまめに充電していかないとパワーがなくなっていきます。
最近の機器は、すぐにパワーがなくなりません。
ということで、充電式の道具がおすすめですね。
乾電池式は、充電する手間がないですが乾電池のコストがかかる。
それぞれどれくらいパワー持つのか?確認する必要があります。

2.防水機能について
本体が完全防水なのか?部分的に防水なのか?
完全防水のものは、バスタイムにも場所を選ばずに使うことができる。
部分的に防水のものは、どこにでも使えるというわけではありません。
どういった場所で道具を使うことになるのか?
いちど考えてから、道具を購入するようにしてください。

スポンサードリンク
|

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

|